TRION NOTEブログ

2023-09-20
商品紹介

トライオンの原点から生まれた新シリーズ「ORIGIN(オリジン)」デビュー

トライオンの原点から生まれた新シリーズ「ORIGIN(オリジン)」デビュー

TRIONから、2023年秋冬シーズンより、新しいシリーズがデビュー。

しっとりとした弾力性のある豊かな手触りで、使い込むほどにエイジングが生まれる最高級グラブレザー。最高峰の舞台でのプレーを支える道具として、作り続けてきたものづくり。私たちの原点でもある、素材となる「革」と、実用性とデザイン性を兼ね備えたグラブの「クラフトマンシップ」で、時を重ねるごとに愛着の深まる存在となるようなプロダクトを目指しました。

最高級グラブレザーの豊かな風合いを堪能する

多くのMLBや日本のプロ野球選手に使われる、日本タンナーによる最高級グラブレザーを贅沢に使用。厚みがあってしなやか、きめ細やかなしっとりとした弾力性のある肌触りで、耐久性と軽さを両立した北米産ステアハイドのみを採用しています。

グラブレザーは素上げのネイキッドレザー(剥き出しのレザー)が一番良いとされていますが、グレードの高い原皮でないと素上げの革はできません。その中でも私たちは厳しい検査を通過した高グレードの革のみを使用。コーティングを行わず、すっぴんでも美人なのが素上げ革の特徴です。余計な加工をしていないから、天然素材ならではの傷やシワなども唯一無二の個性として堪能していただけます。

また、写真のように革の切りっぱなしをあえて見せることで、断面の白い部分(ナカジロ)をデザインアクセントとして生かしています。


レザートートバッグ

ナカジロとは

ボール補球時の摩擦などを減らすため、革の表面に塗料(顔料)は塗らず染料によって革を染め上げる「半芯通し」という染色方法が採用されています。その際に、染料を革の芯まで通さないことで繊維の強度を保ち、速球を受け止める丈夫な耐久性と弾力性が生まれます。グラブレザーの断面が白いのは強度が強い証です。


野球グラブ作りのクラフトマンシップが息づく

随所に野球グローブで培った技法を散りばめた作り。その一つが、グラブの指部分に用いられる「ハミダシ」。トートバッグでは、サイドのマチに応用。グローブでは、ハミダシをつけることで強度が増し、指部分を支える背骨のような役割に。バッグのサイドにハミダシをつけることで、鞄がピンと立ち上がり、型崩れしにくい丈夫な作りに。

また、同じくグラブ作りで使われる通常より太い5番糸を使った縫製でさらに丈夫さをプラス。丈夫に長く愛用いただけるよう考え抜いた作りです。

スタンダードな形で飽きのこないデザイン3型が登場

トート大

身の回りのものを無造作に放り込んで無骨に使えるビッグトート。旅行にも使える大容量が魅力。

開口部は巾着仕様。巾着を中に収納するとオープンタイプになり物を無造作に詰め込むスタイル。
床置きも安心な底びょうつき。
定期入れやゴルフ時の名札としても使えるカードケース付き。外ポケットはスマホ入れに便利。
色はBlack、Tanの2色展開。

トートバッグ

B4や16インチPCも入る普段使いしやすいサイズのトート。

開口部はジッパー付で安心。
床置きしやすい底びょうつき。
こちらも定期入れやゴルフ時の名札としても使えるカードケース付き。外ポケットはスマホ入れに便利。
色はBlack、Tanの2色展開。

ショルダーバッグ

オンオフ問わず使えるスタンダートデザインのショルダーバッグ。

開口部はジッパーで開閉タイプ。
底マチを14cmとたっぷり取り収納力を確保
長財布やポーチ類はもちろん、500mlのペットボトル、文庫本、手帳なども入ります。
色はBlack、Tanの2色展開。

使えば使うほど、味わい深いエイジングが楽しめるグラブレザー。野球グラブのものづくりを活かした丈夫な作りも相まって、お手入れ次第で何年もお使いいただける、革好きを魅了する自信作です。

ぜひ革を育てる楽しみと共にお使いください。

伊勢丹メンズ館 レザー博2023に出品

9月20日(水)から10月3日(火)の14日間、東京にある伊勢丹メンズ館で開催される『ISETANレザー博 2023』に、ORIGINシリーズが出品しております。伊勢丹先行カラーのネイビーもご用意。お近くにお越しの際は、ぜひ実物をご確認ください。

【伊勢丹新宿店メンズ館】
1階プロモーション/レザーグッズ、地下1階紳士靴/バッグ売り場
東京都新宿区新宿3-14-1
TEL: 03-3352-1111
営業時間:午前10時~午後8時